クレーターになったニキビ跡を絶対に治す方法!

クレーターになったニキビ跡を絶対に治す方法

ニキビ跡で一番気になるのは何ですか?

と聞くとほぼ全ての方がクレーターと答えるのではないでしょうか。

赤みや色素沈着とは違い、肌の奥深くまでダメージが及んでしまったことが原因なので重傷です。

こうなると日々のセルフケアでは完治は難しいです。少しでも治すためにはしっかり睡眠をとらなければいけません。

皮膚科に行き、専門の治療を受けることも一つの手です。

出来る限りクレーターを改善しよう

まず紫外線などの外部からのダメージを防いで下さい。

日焼け止めクリーム、スプレー、日傘など直射日光は避けて下さい。

そして、夜寝る前には化粧をしっかりとおとしましょう。洗顔も行い清潔感のある肌を心がけるようにします。

睡眠も大事になってきます。人間は寝ている間に日中浴びた紫外線や刺激を修復していきます。

寝不足が続くと、しみやしわなども増えていき、一気に老化していきます。

なので、決まった時間に寝る、7~9時間の睡眠、質のいい睡眠を心がけて下さい。

寝る時間帯は個人差があるので、どの時間に寝て、どの時間に起きたら寝覚めがいいか研究してみて下さい。

メイクでクレーターと上手に付き合おう

女性にとって朗報です。クレーターをメイクで隠す方法もあります。

クレーターを綺麗に隠すには化粧下地が大事になってきます。

コンシーラが一般的です。凸凹を埋めるためには堅めの方がいいです。

またはミネラルファンデーションです。

このファンデーションは肌に優しいので、トラブルを引き起こす刺激物質はほとんど含まれておりせん。

専門的な治療でクレーターを完治

これは専門的な治療になります。治療にも種類があります。

レーザー、ピーリング、患部注射、光治療、皮膚移植手術があります。それぞれメリット・デメリットがあります。

またクレーターは大きさや深さにより治療方法が変わります。保険適応ではありませんので、クリニックごとで料金が大きく異なります。効果や費用だけでなく、ダウンタイムやアフターケアに必要な期間も考慮しなければなりません。

一番大事なことは信頼できる医師と出会うことだと思います。

そして専門的な治療は金額が大きいのですが、その分効果が期待できます。

治療を受けた場合は、しっかりと自宅でもケア用品でケアを行ってください。

クリニックの治療だけでは効果も半減してしまいます。

まとめ

自宅で治す場合は日頃のセルフケアや生活習慣は継続が大事です。

クレーター肌を治すには時間がかかるため、根気よく続けることが重要です。

クリニックで専門的に治療を受けられる方は、雑誌や口コミを見てみるのもいいでしょう。

予約に時間がかかる所はおすすめです。それだけ患者が沢山来るということなので、信頼できると思っていいでしょう。

また、そこで自分に合ったスキンケア用品を尋ねてみるのもいいでしょう。