正しい洗顔方法をマスター!ニキビもこれで改善!

正しい洗顔方法

顔ニキビは、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂の分泌や内蔵の不調がもとでできることが多いです。

生活習慣を見直すことがニキビの予防や改善などに効果的ですが、正しい方法で洗顔をすることでもニキビの予防、改善ができます。では、正しい洗顔方法とはどのようなやり方なのでしょうか。

メイクをしているときはクレンジングを行います。

このとき、オイルタイプのものを使うと皮脂の分泌をより過剰にしてしまったり、乾燥を進行させてしまうことがあります。

マスカラや口紅など落ちにくい部分はポイントメイクリムーバーなどで落とし、TゾーンやUゾーンなどはクリームタイプやジェルタイプ、ウォータータイプなどのクレンジング剤で丁寧に落とすといいでしょう。

ホットタオルでメイクを浮かせると落としやすくなります。

洗顔は、まず水か人肌ほどのぬるま湯で顔を濡らします。

それから洗顔料を洗顔ネットなどを使ってしっかり泡立てます。

このとききめ細かい泡を作れていないと、毛穴に入り込んでしまった汚れを落とすことができません。

しっかり泡立てた泡で、鼻から目、おでこ、頬、口のまわり、あごと洗っていきます。

指の腹を使って力を入れすぎないように、円をかくようにしながらくるくると洗いましょう。

基本的には顔の中心から外側へ向かって指を動かしていきます。

頬や口のまわりは皮膚が薄いので、乾燥が気になるときは泡をのせる程度でもいいでしょう。

すすぐときも水か人肌ほどのぬるま湯で泡を落とします。

このときもこすったりせず、手のひら全体で水やぬるま湯を顔に押し当てるようにすすいでいきます。

生え際やUゾーンはすすぎ残しが多く、残ってしまった洗顔料によってニキビができてしまうこともありますので気をつけましょう。

洗顔が終わったら清潔なタオルを押し当てるように水気をとります。そしてすぐに化粧水やクリームで保湿をします。

ニキビを治す方法

顔のニキビは目立ちますので、できてしまったらすぐに治したいものです。

白ニキビや黒ニキビのような初期段階でしたら治りやすいのですが、赤ニキビや黄ニキビまで悪化してしまうと治るまでに時間がかかります。

跡が残ってしまうこともありますので、できるだけ早期に治したいものです。

顔ニキビができてしまったら、清潔に保つことが必要です。

洗顔方法が間違っていないか、枕カバーは清潔かなどチェックしましょう。

また、整髪料がついた髪の毛が顔にくっついていることも刺激になります。家の中ではできるだけ髪をまとめておきましょう。

また、睡眠不足や食生活の偏りも顔ニキビの原因になっています。

成長ホルモンが働く22時から2時までの間はなるべく睡眠をとるようにして、肌のターンオーバーを促しましょう。

それから、フルーツや野菜などを積極的に食べて、ビタミンを多く摂ります。

脂分の多い揚げ物や、脂質の多いスイーツはできるだけ避けたほうがいいです。

とにかくバランスのいい食事を心がけ、深夜の食事は控えましょう。

深刻な乾燥もニキビの原因になっています。

表面的には皮脂がありテカっているように見えても、肌の奥の真皮が乾燥してしまっていることがあるのです。

化粧水やクリームでしっかり保湿しましょう。

朝と夜にしっかり保湿していても昼になると肌がカサカサになってしまうようであれば、メイクの上からでもできる保湿剤や加湿器などを使ってこまめに保湿します。

ニキビ用のスキンケア用品も数多く販売されています。

アクネ菌に効果的なものもありますので、ニキビができてしまったときには使用するといいかもしれません。

ストレスや暴飲暴食による胃や内蔵の疲れも肌にとってよくありません。

一日の終わりにはリラックスする時間をつくり、体を休めることも必要です。

趣味や気分転換で楽しい気分になることも肌にとってはいいことです。