ニキビを出来にくくするビタミンはこれ!ケアにも効く!

ニキビを出来にくくするビタミンはこれ!ケアにも効く!

ニキビには睡眠や化粧水選びが大事ということをご存知かと思います。

睡眠と並ぶニキビ予防の基本中の基本は食生活です。どなたでもニキビにはビタミンが大事という事は耳にしたことがあると思います。

ニキビを改善するためには必要な栄養素をしっかりと毎日の食事の中から摂取していく必要があります。

では、具体的にどのビタミンがニキビ予防に繋がるのでしょうか。

ビタミンBは不足していませんか?

ビタミンBには種類があります。

まずB2から説明します。

毛穴のつまりの原因となる脂質の代謝を促進する効果があります。それにより脂の過剰分泌を抑制してくれます。

つまりB2が不足すると、脂の分泌量が増えたり、肌が荒れる、荒れると回復しにくくなります。

B2を多く含む食品は、レバーやうなぎ、納豆、卵です。

もうひとつはB6です。タンパク質の代謝を促進します。

荒れた肌の回復力を高めたり、丈夫でニキビが発生しにくい肌を作ります。

また、抵抗力も高める効果があり、原因菌の増殖を抑制します。

B2とB6は相乗効果があります。

そのため片方だけ取るより、両方を摂取するようにしましょう。

エネルギー代謝が効率的になるため、ニキビができにくい肌になるのです。

顎ニキビはビタミンC不足のサイン

ニキビを予防・解消するための多くの効果が期待できます。

肌のはりを維持するコラーゲンの生成を促し、しわやたるみの改善を促す、クレーターを目立たなくします。

ビタミンCが含まれる食品は、新鮮な野菜や果実です。

ビタミンEと同時に摂取すると、相乗効果があります。

ビタミンのとりすぎに注意。意外と知らない副作用

しかしながら、何事も取りすぎには注意をしなければなりません。

ビタミンB2はしびれがありますが、基本的には多量に摂っても排泄されるため、過剰症の心配はありません。

ビタミンB6でも手足のしびれや痛みなどの神経・感覚障害、腎臓結石ができる可能性があります。

ビタミンCを取りすぎると、最も多い副作用は下痢です。

ビタミンCは腸の運動を活発化させるために起こります。

また、ビタミンCを分解する肝臓にも負担をかけてしまうため、嘔吐になることもあります。

さらには尿路結石にも繋がることもあります。

まとめ

日々の食事から必要な野菜を摂取できないため、青汁があるように、ビタミンも食事だけで補うのは困難です。

ですので、市販のドリンクなどから摂取するのは良いことだと思います。

しかしながら、摂りすぎにだけは注意しなければなりません。

何でも適度というのが一番大事であるということが分かります。

最後にビタミンを含んだ化粧水をおすすめします。

日々のスキンケアの一環として補充することができ、一石二鳥です。

エステにいかずエステ肌を実現、使いやすい、使用感が良い、お肌が明るくなるといった口コミがあるように評判も良いです。